【性欲減退・性機能低下】フィナステリドの副作用は気にしろ!臨床試験の結果は嘘!【デュタステリドも】

【性欲減退・性機能低下】フィナステリドの副作用は気にしろ!臨床試験の結果は嘘!【デュタステリドも】

 【性欲減退・性機能低下】フィナステリドの副作用は気にしろ!臨床試験の結果は嘘!【デュタステリドも】

 ジヒドロAGA治療研究所:ハゲの事はハゲに聞け!

動画説明をもっと見る
今回はフィナステリドの副作用をテーマに話しました。

フィナステリドの副作用は報告も多く、気にしている人が多いと思います。

反面、臨床試験での副作用率は1%〜2%程度であり、プラセボと同程度の比率しかないため、気にする必要はないと主張する人も多いです。
本当にそうでしょうか?

私は10年以上フィナそしてデュタを使ってきました。最初の3年くらいは副作用を感じる事は全くありませんでしたが、3年以降、徐々に感じてきました。

また、Twitterでアンケートをとっても副作用を感じる人の割合は高いです。本当にプラセボと同様ならばここまで話題にはならないでしょう。
また、フィナが抑制するジヒドロテストステロンは成人には意味がないという考えもあるようですが、高齢者に投与すると性欲や性機能が向上するという試験結果も出ております。

今回は私が思うフィナステリド副作用について、臨床試験では副作用が低く評価されてしまうカラクリ、そして副作用を感じた時の対処法について話しています。

デリケートな問題なので賛成意見、反対意見たくさんあると思うので、
是非コメント欄にご意見ください。

■自己紹介
14歳からハゲだった僕は24歳の時に個人輸入でミノタブとフィナに出会い、髪の毛を取り戻す事が出来ました。

TwitterやブログなどでAGAに悩む方に向けて情報発信をしています。
良かったらこちらもご覧ください。

Twitter

ブログ
https://www.agaagaaga.com/

PAGE TOP